保育園へ看護師として転職

保育園へ看護師として転職

専門的に医療を提供する場所以外でも、看護師の存在というものは欠かすことができないものになっています。学校や企業というような多くの人が集まる場所では、その人たちの健康管理を行うために、看護師を必要とするものです。その中でも保育園での看護師の仕事というものは、特徴のあるものになっています。たとえば保育園に通う園児が、一般的な通園が病気などによって難しいものになっており、なおかつ自宅での治療も難しいと判断された時には、そうした園児を専門に看護する、病後時保育というような制度も存在しているのです。

保育園で看護師の仕事を行う際に、主な仕事内容になるのは、園児の健康管理を行うことになります。基本的に保育園には看護師は一人しかおらず、他に医療的な知識を持っている人がいないというケースがほとんどになります。そのため保育園に勤務する看護師は、園児の健康管理を行うことや事故などによって発するけがなどの手当、重い病気などにかかってしまった際の病院への搬送を行うかなどの判断を行ったりなどのように、やるべきことが大変多くなっています。

保育園で看護師の仕事を行っていくためには、なんといっても子供が好きであるということが、重要です。そのほかにも、医療的な知識を持っている人が少ない中で、どのようにしたらより良い仕事を行っていくことができるのかというようなことを他の保育士などを積極的に話し合っていくことができるコミュニケーション能力を有しているかどうかが、重要なこととして扱われます。

関連記事

  1. 訪問看護を行う看護師
  2. 老人ホームへの看護師転職